設立趣意

大阪海洋教育スポーツ振興協会の目的と活動

スポーツ教室

設立趣意

~子供、女性、シニア。そしてその家族に笑顔を~

現在、ゲーム等の普及や日焼けへの誤解などにより、子供たちが海に囲まれた日本のすばらしい財産ともいえる海岸をはなれ、 家の中にとじこもるインドア化が加速しているという憂慮すべき状況があります。
これは、海からだけでなく、自然から離れ、さらには健康的に体を動かし、汗をかいて喜びを得るスポーツからも離れていっているという現実につながります。 そうした状況の中、私たちはマリンスポーツを通じ、 一人でも多くの子供たちとその家族が、自分たちが海洋立国である日本の自然の中で生きているということを認識し、 今失われつつある本来あるべき子供らしい成長と笑顔を得ることのできる機会を創出しようという思いから、湘南海洋教育スポーツ振興協会が推進するちょっとヨットビーチクラブ構想に賛同し、当団体を設立しました。

また、活動の中でも私たちが特に力をいれているヨットのすばらしさは、子供たちが海という大自然と向き合い、時には強い風や、大きな波にのまれたり、 逆にまったく風がない中で進むことができなくなったりというような思い通りにいかない場面を、自分で考え、全力で乗り越え、 通常では味わうことのできない爽快感と達成感を味わいながら大きく成長していくことを垣間見ることができるというところです。 その時垣間見ることのできる子供たちは、いままで見たことのないような『真剣な顔』で自然にいどみ、乗り越えると同時に『きらきらとした瞳』で『心の底からあふれでる笑顔』を見せるのです。
さらに私たちは、子供たちに海という大自然の中でおもいきり体を動かし、自然を相手に考えることで、 マリンスポーツの試合やレースに勝つことだけに執着するのではなく、人として大切な『勇気』、『判断力』、『忍耐力』、『優しさ』、『思いやり』を 身に付けて欲しいと考えているとともに、そういった心の豊かな体の丈夫な子供たちに育っていくことを願い活動をおこなっています。

このように、私たちは、海洋スポーツの振興を通じて、青少年という日本にとって本当に大切な財産を育成することにより、国家社会に貢献すべしとの思いから、 海洋スポーツ振興と海洋スポーツ文化の向上を目的とした社団法人「大阪海洋教育スポーツ振興協会」を設立することとしました。 青少年をはじめとする広い海洋スポーツの普及、指導者の育成、スポーツにおける安全教育、海洋環境教育、セミナー・シンポジウム、 その他各種教室・スクールの開催、目的を同じくする他団体や地域自治体との協力などの各種活動を通じて、目的の達成と共に、 我が国の海洋スポーツ振興に寄与し、国際社会及び地域社会の繁栄に貢献しようとするものであります。

スポーツ教室